管理物件入居率(4月末)

96.08%

ホーム 社長BLOG フリーテーマ ロータリークラブ

ロータリークラブ

浦和ロータリークラブの週報

毎週金曜日のお昼時間はロータリークラブ活動をしている。何もなければ仕事としている時間に一体ロータリークラブで私が何をしているかということをここで解説しておこう。

ロータリークラブは一言でいえば奉仕団体だ。地域で活躍する中小の優良企業の代表者たちの集まりであり、様々な業種業態の方々で構成されている。6月から5月までを一つの年度とし、毎年単年度で色々な役がつき、クラブ活動を支えているわけだ。情報交換はもとより、まだ歴史の浅い私の会社が地域で認められ、働きやすい環境を創り出す一つの要因にもつながっている。

そして、私が今年度に担っている役は会報委員会の委員長だ。金曜日の例会や内外の地域活動などを正確な活字と色鮮やかな多くの写真で一つの集合体を仕上げるその責任者だ。印刷は株式会社関東図書さんが担当してくれている。私たちは正確な情報の伝達と引継ぎ、写真、音声の録音と文字起こし、と仕事は多い。数名の委員会メンバーと協力しながら、また事務局さんの協力を得ながら一つの冊子を仕上げている。

毎週お花が届けられ各テーブルを華やかに飾っている。そして週報にはこのお花の写真と共に花言葉も添えられる。写真の花はクルクマという。花言葉は『忍耐』。花の写真と花言葉を確実に正確に伝える。

3161回例会の一場面。表彰された、エイワンホームの大澤社長(左)と大和不動産の小山社長(右)。

月はじめ例会ではその月のお誕生日の会員たちをお祝いして記念撮影を行う。そして、みんなでハッピーバースデーの歌を歌うのである。

委員長報告。この日は社会奉仕委員会の青木委員長(日本ビュート代表取締役)が児童養護施設での奉仕活動を報告した。内容は次の通りである。『8月23日に児童一時保護所の夏祭りが行われ、会長幹事を始め13人の会員と共に参加しました。雨のため室内でしたが、幼女ユニット10人程と男児ユニット20人程の二つに分かれて、それぞれが手作りのお神輿を担いで掛け声と共に練り歩きました。開会式では固かった子供たちの表情も、私たちで準備したポップコーン、綿菓子、射的、輪投げなどで楽しむにつれ、とても和やかになり、笑顔も目立つ夏祭りとなりました。会からはブルーレイプレイヤーを、浦和レッズ様、NTT様、大宮アルディージャ様から選手のサイン入りユニフォーム及びサッカーボールを、会員からは衣類、おもちゃ、ぬいぐるみ、文具、タオルなど多くの物品を寄贈し、子供たちと保護者から大変喜ばれました。そして、楽しそうに輪投げで楽しんでいる中学生くらいの女子の浴衣から伸びた手首のあたりに、無数のあざ、新しい傷跡が見えた事が、大変痛ましく感じた次第です。皆様の善意とご協力、本当にありがとうございました。』

例会は12時30分から13時半まで。最初の30分はセレモニー、後半の30分は卓話や会員のスピーチなど勉強の時間となる。この日は『知事選を終えて~今だから言えること~』と題して株式会社埼玉新聞社編集局理事で編集管理幹の吉田俊一さんを招いて知事選を赤裸々に語っていただいた。大変勉強になる濃密な30分であった。

卓話のお礼後の記念撮影のあと、山内会長の点鐘にて3161回例会は閉会となった。