埼京ホーム

トップ > 武蔵浦和の不動産・埼京ホーム【スタッフブログ】 > 連帯保証人制度【不動産豆知識】

武蔵浦和の不動産・埼京ホーム【スタッフブログ】

連帯保証人制度【不動産豆知識】

2018.1.15更新

はじめまして(^O^)
昨年の5月から入社して早8ヶ月…
武蔵浦和の環境に癒されながら、日々仕事に励む今日この頃です(*´▽`*)

さて、本日は賃貸借契約の際によく耳にする【連帯保証人】についてお話したいと思います。
賃貸借契約における連帯保証人の主な債務ですが、契約者と同様に賃料、原状回復費用等にあたるものになります。
契約者が債務不履行となった場合、一切の債務を連帯して保証する立場になるので、責任が重い立ち位置になります。

この連帯保証制度が、民法改正により今後変更される事になります。

注目したい変更点としては、連帯保証人が負う債務の限度額を定める事が義務づけられる事になった点です。
賃料の○○ヶ月分まで、最高○○○万円まで…という形式になるのでしょうか…

連帯保証人の保護を目的とした法改正ですね。
限度額を設定する事により、予想外の責任を負う事もなくなるわけです。
この記載内容の定めがない保証条項は無効になりますので今後契約を交わす際は注意が必要です。

近年は保証会社の加入が主流になってきていますが、極度額が決まる連帯保証人を立てるとなると貸主側の観点から考えますと、入居審査の際はより慎重になる必要がありますね。

今後も更に法改正があるかと思うので、引き続き注視しながら業務に勤しんでいきたいと思います。

ライター:石山 真也

電話受付 9:00〜18:00(火曜日、水曜日定休)