埼京ホーム

トップ > スタッフブログ > 武蔵浦和駅『阿久根 魚鈎(あくね うおかぎ)』

スタッフブログ

武蔵浦和駅『阿久根 魚鈎(あくね うおかぎ)』

2019.7.8更新

皆様こんにちは。三科(ミシナ)です。
武蔵浦和駅を中心に「食」をテーマとしてお届けする第五弾は『阿久根 魚鈎(あくね うおかぎ)』様をご紹介いたします。
住所:さいたま市南区白幡5-19-19 武蔵浦和マーレB館2階
武蔵浦和駅から直結の武蔵浦和マーレ飲食店街にございます。
私が注文したのは「阿久根地魚の漬けとろろ」です。
阿久根漁港漁師直結で仕入れた鮮魚が自慢のお店となっています。そのまま食べても美味しいですが、途中から鯛茶漬けの出し汁を入れて食べると2度楽しめます。
一緒に行った同僚は、ミックスフライ定食を注文しました。
こちらはボリューム満点です。海老フライ、唐揚げ、白身フライ、メンチカツ、おなか一杯になります。
漬物やみそ汁はお好みの量を頂けます。
ご飯・味噌汁・卵・漬物の数種類・鯛茶漬けの出し汁がお代わり自由です。

私のお薦めとしては、まずは鮮魚を召し上がって頂きたいですね。お酒が好きな方は日本酒からリキュールまで楽しめます。

営業時間はランチが11:00~15:00(LO14:30)
ディナーが17:00~23:00(LO22:30)となります。定休日は無休となっております。
是非一度、ご賞味くださいませ。

ライター:三科 慎吾

電話受付 9:00〜18:00(火曜日、水曜日定休)