埼京ホーム

トップ > スタッフブログ > 宅地建物取引士試験

スタッフブログ

宅地建物取引士試験

2018.11.5更新

皆さん、こんにちは!!!
埼京ホーム営業担当の石山ですヽ(^o^)丿

さて、11月最初のスタッフブログになります(*^▽^*)

早速本題に入りますが、去る10月21日は【宅地建物取引士試験】でした。
今年の申込者数は全国で約26.5万人、埼玉県だけで見ると約1.9万人の申込になっていました。(調べました)
因みに、埼玉県は全国で4位の申込者数になります。(これも調べました)

私も7年前に故郷の栃木で試験を受けました(^-^)
結果は…以前のブログ参照⇒【ブログはここ!!ここ!!

今思い出しても、とっても緊張感のある試験でしたね。
それなりに勉強もしましたしね。

そんなこんなでですね(どんなこんな?)、私の7年前の記憶がふと蘇ってきたんですが、
試験の直前でほんのり苦い?思いをしまして…
それを今日は私が描いた図解を使って説明させて頂ければと思っております(-“-)

試験会場は某大学だったんですが、受験案内には【試験会場までは車でくるな、公共の交通機関で来い】みたいな文言の記載があったんです…
実家のド田舎から街にある某大学まで公共機関なんて皆目無理!!!!!!
だったので余裕で車で行きました。
勿論駐車場が無いのもリサーチ済でしたので、近くのファミレス(リサーチ済)に駐車しようと企んでいたのです。
以下、某大学とファミレスの配置になります。
注)本当に絵心がないので、想像を膨らましてイメージして下さい。笑


意外と分かりやすいかもですね。笑

図のようにファミレスの出入口で警備員さんが交通整理していて、私は何となく一番後ろの区画に駐車しました。
そしてある程度の時間までは、車の中でmusicをlistenしながらstudyしていたんです。

間もなく時間というところで車を降り、テクテクと出入口に向かっていくと
突然警備員さんに呼び止められました。

警:すみません、もしかして試験を受けに来た方ですか?

えっ、、、何でこの人知ってるんだろ???(;・∀・)エスパー?笑

私:はい、そうですけど
いきなりの質問だったので、普通にそう答えました。

警:あのー申し訳ないんですけど、試験の方はこの駐車場使えないので車の移動をお願いしてます

What’s???

周辺にはこのファミレス以外、駐車出来る場所なんてない状況です。
それを移動しろだなんて…
人生を懸けた戦いに挑もうとしている矢先、横やりを入れられた気分になりました。
そして警備員さんには全く非はないんですが、当時の自分は怒りを覚えてしまったんです…

私:はい?移動ってどこに移動すればいいんすか?

警:(しばし間があり)…一旦駅の方まで戻ってお越し頂くと…

駅?駅駅?ここから戻っても余裕で20分はかかる道のり…
戻ってきたとしても試験時間には絶対間に合わない…
ぬぉぉぉぉーーーーーーーーー!!!<(`^´)>

私:そんなことしてたら時間に間に合わないんですけど。どうしてくれるんすか?
警備員さんに責任転嫁する最低な自分…(*_*)

警:そう指示されてますので…すみません。

何をーーーー!?この!この!この野郎!!!(とは言ってません、心の声です)


ダメだ、こんなとこですったもんだしててもらちがあかないと悟り、私は腹をくくることにしました。
とりあえず駐車した車まで引き返そうという素振りを見せました。

そしてそれからの行動は、頭の中でシュミレーション済でした。
【警備員が目を離した隙に、敷地内の覆われた塀をよじ登る】
これ以外、私の生きる道はなかったのです。


そりゃもう必死に登りましたよ…笑
無事に登り切り、民家の敷地を勝手に横切り、逃げるように大学を目指しました。
門をくぐることが出来れば、私の勝ち…

そして見事、私は死闘の末勝利を勝ち取ったのです(^o^)/


時間内に入ることが出来て一安心でしたが、もしかしたらさっきの警備員が教室まで乗り込んできて、『この人迷惑駐車してる人です!!』という状況になり、試験どころじゃなくなり途中退席して御用!…みたいな妄想が駆け巡りましたが…

何とか現実と妄想の狭間で、試験に取り組んだ次第でございます。
今となっては良い?思い出ですが…笑

さて、今年は新たな資格に向けての受験生になります。
社会マナーを守った行動を心掛けて、頑張ってまいります(;^ω^)

ライター:石山 真也

電話受付 9:00〜18:00(水曜日定休)