埼京ホーム

埼京ホーム代表取締役 里中 宗一郎オフィシャルブログ

妥協せずにしっかり手直し

2020.11.28更新

鹿手袋7丁目第2期現場の外構を手直し

玄関に繋がるアプローチ以外の部分として、勝手口のように使ってもいいし、自転車置き場にしても良いようにと、植栽の下場を覆う木チップを引いていたのだが、幾分か道路側に履けてしまっていた。それに結構広いこともあり、庭としての作りだから、踏みしめると凸凹になってしまうのだ。気になっていた部分だから何か手を入れようとずっと考えていたのだが…。この家をとても気に入って、見初めて頂いた方がいらっしゃったので、ようやく重い腰が上がったところだ。

簡単には、土間コンクリートで簡単に金ゴテ仕上げにするのがよい。しかし、玄関脇・道路端で目立つところだ。初めは白くて綺麗でも、経年と共に黒ずんでしまうコンクリートよりは、玄関アプローチと同じタイルで仕上げた方が良いと考えた。色も落ち着きがあっていいし、基礎の左官仕上げと植栽の彩とも調和する。そうして途中の現場を見ると、また気になるところが出てきてしまった。当然ここも直します。

駐車場の土間コンクリートの角度と同じ角度で斜めに切られたグラニートだ。おまけにカッターが掠ったのか、変なところに一線はいっているではないか。新型コロナウイルス感染拡大が納まりを見せ、お家に沢山の友人たちを招き入れてたときには、いつでも自慢できるお家になるよう、妥協を許さずちゃんと仕事していきましょう。明日へと続く…。

電話受付 9:00〜18:00(火曜日、水曜日定休)