埼京ホーム

埼京ホーム代表取締役 里中 宗一郎オフィシャルブログ

埼玉ブロンコス

2019.12.1更新

初の水沢江刺に降り立った

11月30日(土)天皇杯皇后杯の第2次予選が全国各地で開催される中、地元埼玉(本拠地は所沢)チームを応援するべく盛岡駅から30分水沢江刺駅に降り立った。来年オリンピック会場となる、さいたまスーパーアリーナの関係者からお誘いを受け、彼の視察に同行したところだが、此度の行事は仕事とは全く関係がない。世界で活躍する強化選手もいて世界のトヨタがメインスポンサーの“アルバルク東京”は年間予算8億円、一方地元“埼玉ブロンコス”は3千万円とその差7億7千万円だ。

試合は予想通り惨敗したものの、同行した関係者や埼玉ブロンコス代表の成田さん、一般社団法人埼玉県バスケットボール協会の事務局長並びに専務からも日本のバスケットボールを取り巻く環境を垣間見て学びの一日となった次第だ。明日へと続く。

水沢江刺駅から歩いて30分位の草原の中にポツンとあるZアリーナ(大きな体育館)

天皇杯皇后杯の2次予選だ。決勝戦は1月さいたまスーパーアリーナにて開催される。

アルバルク東京vs埼玉ブロンコス

電話受付 9:00〜18:00(火曜日、水曜日定休)