埼京ホーム

埼京ホーム代表取締役 里中 宗一郎オフィシャルブログ

2018年12月

年越しそば

2018.12.31更新

鹿児島城山ホテル朝食の様子。 12月31日(月)年越しそば。 細く長く幸せに…というのも無きにしも非ずだが、蕎麦は他の麺類よりも切れやすいので、縁起を担いで“一年の厄災を切り落とす”意味合いで年の終わりに食すのが日本古くからの風習(文化)だ。そう、だから年越しに際して、同じ麺類だからと「うどん」やら「パスタ」やらを食しても何の意味もないのだ。 だが、私はお昼時は毎度630円のお蕎麦を食している。し…

続きを読む

年末年始のお休み

2018.12.29更新

心なし右肩上がりな鏡餅 12月29日(土)~1月4日(金)まで会社はお休みをいただいております。5日(土)9時より通常営業を開始いたします。よろしくお願いいたします。本年も大変お世話になりました。皆様、良い年をお迎えくださいませ。 わが社は2019年1月1日より毎週火曜日・水曜日を定休日としました。

続きを読む

仕事納め2018

2018.12.28更新

仕事納めの最終日には社員皆で同じ釜の飯を食うお昼が恒例の習わしだ 12月28日(金)週末の月末となった2018年平成で迎える最後の年末だ。 今日、年の最後の仕事納めの一日は、朝から社員総出で大掃除だ。にもかかわらず私は、昨日の昔からのお客様から入った一本の電話から、急遽本日朝から出かけることとなり、全く掃除に参画することができない一日となってしまった。そして、その方と明日ご自宅の売買契約を締結する…

続きを読む

社員紹介 vol.3

2018.12.27更新

同じく、高知の海辺で…。忘れかけていたピースサインをする中村社員 小さくてニコニコしている彼女は社会人二年目。わが社で最も若い希望の星だ。昨年、戦後72年を迎えた広島への社員旅行では、ここまではち切れんばかりの笑顔であったか?自らのスマホから様々な場面での写真を探ってみた。 2017年社員旅行:宮島で鹿の糞ソフトを食べ始めた中村社員 後ろ姿だが何の写真なのかよくわからない 2018年3月時点 ふぅ…

続きを読む

社員紹介 vol.2

2018.12.26更新

高知の海辺にたたずむ飯田社員 続けて我が社の若きホープをご紹介する。社会人3年目のシャイで物怖じしない飯田社員だ。ケーキを目の前にした時の笑顔なら、はち切れんばかりの輝きでとっても可愛らしい。勘違いされやすそうだが、潜在能力は高く頭も良いし、後輩の面倒見も良い。 今後に大いに期待する!

続きを読む

社員紹介 vol.1

2018.12.25更新

大谷口の現場で施工確認するヤス課長の大きな背中 12月24日(月)幼少期はクリスマスと言えば一大イベントだったように記憶しているが、大分オトナ(世間的には既にシニア)になってからは、クリスマスイブというのはそれ程大きなイベントなのか??と疑問符が二つもくっついて来る程度のことになってしまった。それでも街中のサンタさん(サンタ衣装に身をまとった若い人たち)を見ると浮足立つのは私だけではないであろう。…

続きを読む

くじ運

2018.12.24更新

来年もイイ運がツいて回りそうな予感がする 12月23日(日)年末に際し毎年恒例のくじ引き大会が、わが社埼京ホーム事務所内で開催された。社長も他の役職も関係無にガチンコ漢気ジャンケン…と思いきや、ジャンケンはあくまで最初のくじを引く順番を決めるためのもの。私は一回戦目のくじ引き順は五番目であったのだが…。見事2番目の権利を得た(写真左)。そして二回戦目は何と1番、そして最終戦は2番と、2.1.2と何…

続きを読む

記憶

2018.12.23更新

残念ながら会えなかった北本市東の三木邸 12月23日(日)昨晩はオーナーからいただいた大きな大きな柚子を湯に入れ、冬至の柚子湯を楽しみ温かくして寝たおかげで、前夜に無理した胃袋を若干修復できたことを実感。いくら揚州商人が好きとは言え、深夜のしかも深酒あとの酸辣湯面は、コトの他40過ぎの内臓に響くことを身をもって知ったわけである。年末年始にかかわらずであるが、くれぐれも食べ過ぎ飲みすぎスーラータンメ…

続きを読む

冬至

2018.12.22更新

オーナーさんからいただいた巨大柚子 12月22日(土)賃貸不動産の管理をお任せ頂いているオーナー宅へ、月次報告書をお届けしに行くと伝え訪問したところ「今日冬至だからもいでおいたよ」とお庭にたわわに実っていた巨大な柚子を分けてくださった。子どもの頭位ありそうな本当に大きな柚子だ。一段と冷え込んだ今日この頃、ありがたく頂戴し今晩は柚子湯で温まろうと決めた次第だ。

続きを読む

BOX

2018.12.21更新

後楽園ホールで初生ボクシング 12月20日(木)ご縁があって付き合いのある業者さんからお誘いを忘年会的な会食を兼ねてボクシング観戦を初体験してきたのだ。 はじめはプロデビュー戦から始まり、軽いウエイトクラスから試合を重ねていくのだが、意外と淡々と試合が進んでいくことに正直驚いた。かくいう私だが、一度生で見てみたいと思っていたところだ。ボクシングのルールや面白さは、実は百田尚樹さんの小説“BOX”を…

続きを読む

電話受付 9:00〜18:00(火曜日、水曜日定休)