埼京ホーム

ペットとくらす埼京ホーム

熱中症手前

2021.7.7更新

数日前の湿度が高かったある日のこと。
いつも通りプリンはごはん、私たちは夕食をいただいていました。
ふとプリンを見ると、いつになく息が荒くハアハアと辛そうに呼吸をしていました。近くに行くと抱きついてきて離れませんでした。身体も震えており、これはいつもと違うがどうして良いのか?病院に連れて行くレベルなのか?

ご近所さんのYさんに症状をラインで伝えました。Yさんは16歳ぐらいのダックスを飼っていて知識が豊富だったのを思い出したのです。すぐにYさんから電話がかかってきて、
「熱中症みたいな症状だけど、部屋はエアコン入れてる?」と・・・
エアコン入れてませんでした!直ぐにエアコンを動かして、タオルを水に濡らし身体を涼しくなるようにしました。またポカリを薄めて飲ますのも良いということで、たまたま家にあったので飲ませてみたら飲んでくれました!

少ししたら息の荒かったのが落ち着いてきました。そのうち震えも止まってきて安心しましたが、その夜はなかなか眠れずプリンが気になり眠れなかったと言いたい所、私は睡魔に弱く心配ながらも眠っていました。

朝起きるとプリンは隅の方に丸くなっていて、食欲も無さそうだったので特別に缶詰をあげました。それをペロリと食べたので、元気になるかと思ってましたが、グッタリが続いていて、会社は遅刻させてもらい、いつものタック動物病院に朝一番で連れて行きました。
見立ては少しだけ体温が高めではあるが、異常なほどではないとのこと。特に他も異常がなかったので、皮下点滴というのをしてもらい家に帰りました。
具合が悪いので可哀想でしたが、大人しいプリンはとても可愛かったです。
ついふざけて近くにあったメガネをあててパチリ📷しちゃいました。
人間の体感と犬とでは改めて違う事を実感しました。動物を飼ってる人は、温度調節気をつけましょうね。エアコンが消せなくなりました。



電話受付 9:00〜18:00(火曜日、水曜日定休)