埼京ホーム

ペットとくらす埼京ホーム

【涙やけ】武蔵浦和の不動産・埼京ホーム マスコット犬

2018.5.28更新


毛の色が白い犬に共通して、悩みの一つに涙やけ(流涙症)があります。
私も気を付けていたのですが、一時期「大丈夫かな?」なんてプリンの目の周りを拭いてあげるのを怠っていたら・・・あっという間に目の下の毛が茶色に染まっておりました。これが気づいてからでは遅いのです。この茶色く変色するのは菌の影響もあるそうです。

プリンも涙がよく流れているのでタック動物病院の先生に診てもらいました。涙が鼻に抜ける管が閉鎖しているので目からどうしても流れてしまうとのこと。このチェックは色のついた液体を目薬の要領でさして、色のついた液が鼻から出てくれば通っているということだったと思います。プリンの鼻からは何も出てこなかったそうです。これでは絶対に毎日欠かさず拭いてあげないと茶色くなってしまいますよね。手術で鼻の方へ通るようにすることもできるとのことですが、またすぐに塞がってしまうこともあるということでまだしていません。全身麻酔なので避妊手術の時が良かったのですが、その時は知りませんでしたので避妊だけの手術しかしませんでした。
それからというもの、インターネットで検索しながら食べ物で治るとか、サプリメントとか濡れているコットンとかいろいろと試してみました。
まずはドッグフードを変更してみましたが、これはプリンが偏食であることを知るきっかけとなりました。もともと食いつきが良くないだけに見つけるのは至難の業になりそうです。でもまだ諦めずに探していきます。

現在は朝晩の散歩の後に必ず病院で購入しているコットンで拭いてあげています。少しずつ良くなっているように思います。
人間と同じで、茶色の線があるのとないのとでは顔の可愛さが変わります。
プリンはオスに間違えられるので、せめて顔だけはもう少し可愛くしてあげたいです。

電話受付 9:00〜18:00(火曜日、水曜日定休)