埼京ホーム

ペットとくらす埼京ホーム

育児放棄

2019.6.17更新

友人からLINEでフクロウの雛の写真をもらいました。
飼っている猫ちゃんと比べてもまだ小さく、とても可愛いと返事をしていました。
この写真を最後に、野鳥保護の獣医さんの所へ連れて行ったそうです。経緯としましては、近所にお住いの方がフクロウに触れてしまったらしく、助けるために連れて行ったそうです。
野生の動物ではよくあるそうで、人間に触れられてしまうと警戒して育児放棄してしまうそうです。猫の世界でもあるらしい。
全く知らない話だったのでちょっとした知識を持つことができました。
この友人は自然ゆたかな場所で暮らしているので、直面することが多いらしいのです。
こちらだと野生の動物に触れることは中々ないですけどね。
獣医さんによりますと、フクロウを保護して大人になれるのは1割ぐらいしかいないそうです。今回保護したフクロウは頑張って欲しいと願っています。

15日に我が家のプリンはトリミングに行ってきました。そして疲れ果ててソファでぐっすり寝息をたてて眠っています。

電話受付 9:00〜18:00(火曜日、水曜日定休)