埼京ホームの賃貸物件 スタイルのある暮らしをご提案

おうち時間が満ち足りる

「+α」な付加価値

書斎は大人の秘密基地。
子どもの頃、そんなふうに思っていました。
でも実際はちょっと違っていました。
自分の時間が流れる書斎には、
家族の気配もちゃんと届いています。

テレワークは
一時的なもので
終わらない

2020年冬、withコロナ時代に突入して以来、「ニューノーマル」へとシフトする日々の中で私たちはさまざまな混乱を経験してきました。当社でも「テレワーク環境を充実させたい」というご相談が日ごとに増えてきた頃、あるご夫婦からこんな悩みを伺いました。
「Webミーティング中に子どもが大声を出したり、飼い猫がPCの前を通過しちゃったり。まあそのぐらいなら『微笑ましい』で済むのですが、今の環境が仕事するのにベストかというと答えはノーです」
聞けば二人とも「整理整頓が得意で、ミニマルなインテリアが好き」。にも関わらず、テレワーク中心の生活になってからは「リビングが混沌を極めている」のだとか。夫婦で話し合う中で「テレワークは一時的なものでは終わらないのでは」と意見が一致し、アフターコロナも見据えて環境を整えようと都心から郊外への住み替えを決意したそうです。

「書斎」があれば
イライラギスギスも
解消?

「今住んでいるのは広めのLDK+寝室という間取り。都心のマンションによくある1LDKですが、リビングは二人のワークスペースになって物が増える一方。それに仕事で大容量のデータを送ったりもらったりが頻繁にあるのですが、マンションが契約しているプロバイダのせいなのかとにかく効率が悪い。だから誰かしらがイライラして家族みんながギスギスしてくるんです。コロナ禍に振り回されて否応無しにニューノーマルに順応していくだけの生活が続いていて、ポジティブな気持ちを忘れてしまった感じがします」
そんな二人が思い描いていた理想のホームオフィスは「トップライトからも自然光が入る20畳ぐらいのリビング。その大空間の一角を仕事専用スペースにする」というものでした。しかしスタッフがある話をしたところ、「書斎」という大空間とは真逆の選択肢が浮上し、現実味を帯び始めました。

書斎のある家は、
快適なリビングのある家

ある話とは、最近の住まいづくりでよくある「狭い部屋を作っておけばよかった」という失敗談。開放感のある広いリビングを最優先したばかりに家の中で1人になれるのはトイレかお風呂。こだわりのリビングも今ひとつ落ち着かない。そんなケースです。
そもそも多用途な部屋であるリビングはその性質上どうしても混沌となりがちです。書斎や寝室として使える狭い部屋があって初めて、リビング、ひいては家全体の秩序が保たれるのです。さらに、間取りを検討する時には皆さんにも思い出していただきたいのですが、単一用途で使うそうした狭い部屋は、生活音を遮る役割をする空間(廊下や収納スペース)を挟む形で隣室・隣家と区切られているとよりベターです。人は広すぎる空間では安心できないという説もあります。適度に狭い部屋のほうが集中できるのは、動物としての本能なのかもしれません。

ライフステージに
合わせて自由に使える
「+α」な部屋

さて、ご夫婦の新生活はと言うと「書斎とは別にリビングにも最小限のワークスペースを確保して夫婦それぞれ快適に仕事しています。光回線で通信環境もバッチリ(笑)」とのこと。私たちもホッとしました。「書斎は将来必要なくなるかもしれませんがそのときは子供部屋にします」。そう言えば書斎って英語では「study」。子供部屋にも絶対ぴったりのはず。次はぜひあなたの「+α」を探してみてください。

おうち時間が満ち足りる

「+α」な付加価値

物件一覧

ときわハウス

102号室

賃貸アパート・2DK(武蔵浦和駅・南浦和駅 徒歩15分)

家賃 70,000円
共益費・管理費 2,000円
敷金 100,000円
礼金
間取 2DK (DK6帖・洋室6帖・和室8帖)
所在地 さいたま市南区根岸5-10-17
物件詳細を見る

ハイツ町田

201号室

賃貸アパート・2DK (南浦和駅 徒歩14分)

家賃 69,000円
共益費・管理費 3,000円
敷金 1ヶ月
礼金
間取 2DK (DK8帖・和室6帖・和室6帖)
所在地 さいたま市南区文蔵3-14-15
物件詳細を見る

カテゴリー一覧

あえての和室でゆるくステキに

畳LOVEな暮らし

おうち時間が満ち足りる

「+α」な付加価値

PAGE TOP