埼京ホーム

仮)カワグチのブログ

スライトリー・ストゥーピッド

2021.4.18更新

どうもみなさん、おはようこんにちはこんばんは。埼京ホームのカワグチです。今日の武蔵浦和は晴れ。昨日の雨とは打って変わり青空が広がっています。

今回は、カリフォルニア州サンディエゴを拠点とするバンド「Slightly Stoopid(スライトリー・ストゥーピッド)」ウィキペディアでは“「フォーク、ロック、レゲエ、ブルースとヒップホップ、ファンク、メタル、パンクの融合」と表現しています。”とあります。

今回は紹介していませんが、「島唄」をサンプリングして話題になった3枚目のアルバム「Everything You Need(エヴリシング・ユー・ニード)」(2003年リリース)でご存知の方もいるのでは?

まずは1998年リリースのセカンドアルバム「The Longest Barrel Ride」今の音よりパンク色が強く好きなアルバムです。これはファーストアルバムとの2枚組で結構レアなCDだと思います。

続いて2005年リリース4枚目のアルバム「Closer to the Sun」ジャケットのイメージとは違いパンク色は控えめで、アコースティックやレゲエ・ダブ、サーフミュージックとゆったりとした印象のアルバムです。これはこれで全然アリです。この辺の音は大好きです。
このスライトリー・ストゥーピッドやサブライムを聴くと鵠沼に行きたくなります。もう何年鵠沼の海を見ていないのでしょうか?今はこんな状況なので行けないのは分かっているんですけどね。なので一日でも早くこの状況が収束することを願います。

アイ・ラブ・パンク!アイ・ラブ・ミクスチャー!
それでは!

電話受付 9:00〜18:00(火曜日、水曜日定休)