埼京ニュース2022.5月号

規制のない久しぶりのGWはどのように過ごされましたでしょうか。
不動産業界では新人を中心に、宅建の勉強をスタートする者、勉強モードに突入する前に大いに遊ぶ者…二手に分かれることが多いように思います。
今月の埼京ニュースは、次の3本です。

不動産業に携わる私たちには国家資格「宅地建物取引士」は必須であり、もちろん当社も資格保持者を多数揃えています。
新入社員などまだ資格を持っていないものに対しては、資格手当制度を設けて学習することの動機づけをしますが、その学習の過程で「オーナー様の大切な資産を預かる上で必要な知識である」ということを理解させています。

Share on facebook
Share on twitter

関連記事