埼京ホーム

ホーム > スタッフブログ > 茜ブログ第1編

スタッフブログ

茜ブログ第1編

2018.5.7更新

皆さんこんにちは。埼京ホームに入社し3年目の春・・・自らの半生を語るブログ【5月】を担当いたします飯田茜(いいだあかね)と申します。よろしくお願いします。

それではわたしの身の上話〔出生~小・中学生編〕から

1994年1月生まれの茨城県水戸市出身です。現在24歳。父と母、それに二人の弟の4人家族です。父は単身赴任しており東京で働いています。母は実家の水戸にいます。2歳下と4歳下の弟も社会人として働いています。皆、それぞれの場所で生活をしており、滅多に会わない状況であります。

そんな中でも母とは毎日ラインしますし、仲良しです。母でありながら友達みたいな感覚です。彼女とはよく都内でショッピングや、空港集合で韓国に行きます。またGWにプサンに行きます!(渡航前原稿中)

父は、長い間単身赴任しており、週末はよく家に帰ってきていましたが、幼いころ一緒に暮らしていた記憶はありません。そんなに多くの時間を共にしたことなかったのですが、大学進学に伴い大宮に住んでいた父の部屋に住まわせてもらいました。それから5年間一緒に暮らし、脛をかじって暮らしています。

私といえば、生まれた時から熱しやすく冷めやすい性格で・・・
幼いころからいろんなものに手を出していました。
習い事は水泳、お習字、ピアノ、英会話、テニス、学習塾‥等
ありがたいことにやりたいことは何でもやらせていただきました。
水泳は習っていたおかげで一通り泳ぐことができ、体育で唯一良い成績が残せたのでプールの授業が大好きでした(笑)
ピアノは大嫌いで、まず楽譜が読めませんwお習字は得意になれずww
身にならなかったことには申し訳ないの一言に尽きます・・・

小学生の頃は、当時流行った【子供服ブランド】買い漁りました。『水戸では品揃えが悪いから』といって東京や宇都宮など両親にはいろいろ連れて行ってもらいました。バーゲンの日は大変です。早朝から出かけてずっとお買い物。お金がかかります。

小学6年の春・・・【ごくせん】にでていた亀梨和也様に一目惚れし、それからしばらく【ジャニーズ】にはまりました。芸能人には興味がなかったのですが、この世の人とは思えないかっこよさに衝撃を受け、のめり込み…コンサートに何度も行きました。壁一面にお顔のうちわとポスターに囲まれたお部屋を作り、家族に落ち着かないといわれていましたが、とても幸せな空間でした。

コンサート代、グッズ代、交通費、とにかくお金がかかるのによくやってたな~(他人事ではない)と同時に付き合ってくれた両親の協力に感謝ですね。亀梨様からどんどんいろんなグループや人に浮気して、CD/DVDその他グッズをだいたい全部集めていました。この時点でお察しかと思いますが、とにかくお金がかかる子・・・ですよね(笑)

お勉強はというとだいたい好成績だった記憶ですが・・・
算数がいまいち。それと絵も下手、運動嫌い、楽譜読めない、実技教科は苦手でした。特記するエピソードはないのですが、割と負けず嫌いだったので、周りの友人たちに負けないように勉強していたと思います。

中学時代のエピソード
中学生に上がると…
【部活動の選択】という大きな選択を迫られました←大げさ(笑)
部活の選択を誤ったら、中学生活ごと失敗するに違いないと思っていたのですごく悩みました。走るのは嫌だし、運動神経もいまいちだし、文化部はもちろんできることがない。こんな私が最終的に選んだのは“卓球部”!

一緒に入部する友人もいなかったので、ひとりで飛び込んだのでした。すると、入部したのは6人で皆初心者ということもあり、新しい仲間になりました。なぜか我々は熱中し、部活がない日も市民体育館の卓球台代を借りて練習をしたりしました。先生は大変苦労されたかと思いますが我々を強いチームにしようと一生懸命にしてくださり、最後の試合では市内準優勝という結果で終えることができました。

私の選択は間違っていなかった…一緒に頑張った仲間のおかげで、3年間とても楽しく中学生活を送れました!卓球が私の性に合っていたのかも?今も大好きでテレビで観戦しています。

これでわたしの性格の一部がみえたかと思います。

第1編は以上です。

また来週〔高校・大学~社会人〕までを綴ります(‘ω’)ノ

ライター:飯田 茜

電話受付 9:00〜18:00(水曜日定休)