埼京ホーム

トップ > スタッフブログ

スタッフブログ

理恵子ブログ始めました(4)

2018.4.23更新

第4回は大学生編です。 前回、大学は本当に楽しかったと前置きしましたが、中学校は徒歩30分、高校は(本気で飛ばせば)15分のところにあって、電車通学が初めてだったのでそれですら楽しかったです。ちなみに所要時間は約2時間です(笑)違う県や地方からきている友人ができて、色んな生活や考え方があることに触れられましたし、世界が広がった気がします。 大学では幼児~青年心理学について学んでいました。親と子供の…

続きを読む

理恵子ブログ始めました(3)

2018.4.16更新

高校生編 それほど昔のことではないにも関わらず思い出といえば部活のことのみ(笑)。苦楽が濃厚な部活動だったのでしょう。中学校で得た軟式テニスの経験を活かし、迷わずテニス部へ…。高校では硬式テニスを経験することとなり、中高合わせて6年間テニスに青春をささげることとなりました。 熊谷の熱い日差しを一身に受けて、これまた真っ黒に日焼けした3年間となりました。夏場はほんとに黒すぎて、一時期は黒い服が嫌いに…

続きを読む

理恵子ブログ始めました(2)

2018.4.9更新

第2回は小・中学校あたりのお話をしていきたいと思います。 小・中共に公立学校に通っていました。 出身が熊谷市なので熊谷の市立学校です。特記することもない、ごく普通の学校生活でしたが、思い起こしてみて最初に浮かんだのは小学校時代から根っからの[負けず嫌い]が垣間見られた場面です。 一輪車 一輪車が大ブームになった時期があったのですが全く乗れない。当時かなり練習した記憶があるのですが、一向にコツがわか…

続きを読む

理恵子ブログ始めました(1)

2018.4.2更新

こんにちは。中村理恵子です。 ひと月ごとに持ち回りとなった自らの半生を語るスタッフブログは、この4月私が担当することになりました。偶然にも今日は、ちょうど一年前にここ埼京ホームに入社した日。気づけば社会人生活2年目を迎え、その速さに驚いています。 私の人生を語るというと、 学生時代の話がメインになるかと思いますが、4月は月曜日が5週ありますので頑張っていきたいと思います。 よろしくお願いします。 …

続きを読む

ヤス伝説(4)・完結編

2018.3.26更新

自らの半生を語るブログも最終章となりました。前回までは社会人となっての初仕事・・・そして、転職のきっかけをお話しましたので、今回は現在の埼京ホームに至るまでを綴っていきます。 全く異なる業界にいた自分に、営業職が向いているという声をかけてもらったことが転職の一つのきっかけであり、不動産業へ足を踏み入れる転機となりました。『そうだな…不動産業は「住」を担うところ。市場規模が少なくなるのは人口が少なく…

続きを読む

ヤス伝説(3)

2018.3.19更新

重い腰をあげて向かった先は、新宿で開催される企業合同会社説明会でした。 まーったくやる気のない自分は、幼馴染に「自動販売機の前にいるから終わったら集合ね。」と言い残し、ずーっと自動販売機の前に座り込んで半分寝てました。 「どう?がんばってる?」 腕章をつけたおじさんに声を掛けらた…。 (警備のオッサンだな)と思った私は暇だったので洗いざらい、その腕章オッサンに色々とプライベートを話しました。自分は…

続きを読む

ヤス伝説(2)

2018.3.12更新

第1回目は掻い摘んで簡単に自己紹介をしましたが、残り3回で詳しく半生を書いていこうと思います。3月の月曜日は私のプライベートネタとなります。 熊本出身の父母の間に東京都東村山市で産声を上げ、体重は3,800g前後と結構大きかったみたいです。のちに親父に「なんで東京に出てきたの?」と聞いたところ、警察学校に受かったのをきっかけに東京へ進出してきたとのこと…。 「東京観光いくべ」 とかなんとかで母を誘…

続きを読む

ヤス伝説(1)

2018.3.5更新

イニシエーション・ブログ第3弾は、ヤス課長ことワタクシ西峯靖彦(にしみねやすひこ)が不動産業界の繁忙期3月を担当します。 2018年本厄の昭和52年、東京都東村山市で生まれ育ちました。熊本出身の厳しい元警察官の父と、おっとり性格の母。両親は既に隠居して熊本で暮らしております。 兄弟は9歳上の兄と6歳上の姉。姉は一緒の職場で働いています。お客様には『姉弟で一緒の職場はやりにくくない?』と質問されるの…

続きを読む

ノンフィクション石山伝記(4)・完結編

2018.2.26更新

皆さんこんにちは(^∇^) 石山伝記、本日完結です! 最後までお付き合い頂ければ喜びます(^o^) えー、まず私が埼京ホームを志望した理由と致しましては、 (1)求人内容が賃貸管理(やったことがない内容)だったこと。 (2)地場の不動産屋だったこと。 (3)自宅から割と近かったこと。 大きく分けるとこんな感じでしょうか。 これまでの職務がほぼ賃貸仲介営業だったので、物件を管理するという視点から新し…

続きを読む

ノンフィクション石山伝記(3)

2018.2.19更新

28歳を迎える年に大都会「東京」へ…上京を決意する年齢としては結構遅いと思います。 『何で今頃??』 『やめといた方がいいんじゃない??』的な意見もありましたが… 宅建試験を合格したという自信からか、周りの意見には目もくれず、思いついた事をしてやろうと意気込んでいました。自分のライフスタイルを変えたかった。家族や友人が近くにいる環境だと、結局頼ってしまったり、甘えてしまって…。本当に自分を変える事…

続きを読む

12

電話受付 9:00〜18:00(水曜日定休)